luna-childrenの日記

Twitterの備忘録や音楽や映画...

俺を優しいとか面白いとか気さくに接してくれる人の期待や要望には応えたいと思うけど、俺を嫌ってたり壁作ってる人のために頑張っても俺を拒絶して受け入れるわけないから、言うことや存在を気にしてられない

昨夜寝る時に考えてたけど、俺のことを優しいとか面白いとか思ったり気さくに声かけたり接してくれる人の期待とか要望に応えたいし、大切にしたいと思う。逆にワガママとか悪い方向に偏見持ったりする人のためにいくら頑張っても、その人たちは自分が偉いから考えがないだろうから構ってられん。


現に、前者の人たちとは今も良好な関係で、俺も文句もなければ尊敬したりしてるし、後者の人とは関係悪い。当たり前だよね、後者の人たちは偏見持って自分から壁作ってるんだから(笑)俺から接しても人間関係うまくいかん、やっぱり人特に前者の人とじゃないとうまくいかん。いい加減誰か分かって。